2019年09月16日

結婚式と獺祭

本日はMAXIMANIS公式HPをご覧頂き誠にありがとうございます。

三連休の真ん中の雲ひとつない快晴の中、今日も一組のカップルに幸せな結婚式をお届けする事が出来ました。末永くお幸せに、MAXIMANISをお選び頂き本当にありがとうございました。

今日は最近気になったニュースでどうしても言いたい事がありました。
 
 

お酒が好き

大好きです!


正確には「でした。」でしょうか、最近は残念ながらあまり飲めていません。
特にビールよりも焼酎や日本酒を好んでいました。

その中でも「獺祭」(だっさい)は特別お気に入りでした。

獺祭は日本中で飲むことが出来て、世界20カ国以上へ販路を持ち、純米大吟醸のみを扱う山口県の「旭酒造」が扱う、今や最も有名な銘柄の日本酒のひとつです。

どれくらい私がお気に入りだったかと言うと、工場見学に行く程で。特に看板商品の"磨き二割三分"はアルコール度数が高い割に日本酒の臭みや特有の刺激が無く、お米の甘みをお米より感じる事の出来る感動的な味わいです。

・・・

・・・・・・・

めちゃくちゃ沢山書きたい事がありますが、本題では無いので残念ながらここでヤメます・・・
 
 

加水とデマで公式HPを再訪

先週くらいにこんなニュースがありました
「獺祭」26万本自主回収へ 本来と違うアルコール度数

簡単に言うと「アルコールを薄めて調整する為に水を入れた後かき混ぜ忘れて度数にムラが出た」という事です。シンプルな確認ミスと言った所でしょうか。

「あんなに気をつけていてもそんな事もあるのかー」が工場見学をした私の感想でした。

ただショックだったのが、それ(加水)を「かさ増しだ!」とネット上で叩いている人たちが結構いました。獺祭もそうですが多くの日本酒は加水をしています。アルコール度数を調整して、おいしく飲めるようにする「技術」であり、醸造アルコールを使わず純米大吟醸のみでコストをかけている獺祭がそんな事をする訳が無いのです・・・

めっちゃデマなのです。

その中には「売れているから」とか「利益に走った」とかそんな意見もありました。
 
 

作る努力に伝える努力

旭酒造さんのHPからの私の好きな一文です

ただこだわって、売れなくてもいいから「幻の酒」になりたいというつもりはありません

だから沢山売る、利益出す、沢山の人に喜んでもらう!という事について旭酒造さんは最初からそう言っているのです。
生産量を調整している異様に高額な「幻の酒」は世の中に沢山あります。
お値段はしますが、本当においしく、今やどこのお店に行っても飲むことが出来る獺祭は、こだわって安定的に作り続ける技術的な努力と、その努力を広め販路を拡大する営業的な努力があるのです。
 
 

結婚式はどうか

昨今減少傾向にある結婚式はこだわって作られている・・・

と思います。

ホテルにゲストハウス、海外挙式に家族での結婚式、ニーズに合わせて多様な商品や新しい取組みが業界にいるとバンバン情報となって入ってきます。

「◯◯がリニューアルした!」
「今までに無い演出がテレビで紹介された!」
「流行りの◯◯ウェディングを始めるぞ!」など

業界紙やゼクシィなどでよく目にします。
しかし結婚式の実施率は反比例する様に減っています。

業界は一生懸命こだわって、色々な試行錯誤をしているのにも関わらずです。

今回獺祭のニュースを知り、工場見学を思い出しHPを久しぶりに見て、ブライダル業界は複雑すぎて伝わらないのかなあと思いました。


内側にいる私としては、どんどん増える選択肢に活気すら感じるのですが・・・。
 
 

今回の件で

獺祭はとてもシンプルです。甘みは強いですが飲みやすく、誰にでも勧められる日本酒です。旭酒造さんも「獺祭を生活の一部に」と言っています。そしてそのシンプルな部分にこだわり抜いて徹底した品質管理をしていました。

私達ブライダルにいる人間は結婚式を勧める際、派手な演出や豪華な建物、割引やプレゼントなどクローズアップするものが沢山あります。
ただ多岐に及ぶプランや多種多様な設備に、伝える努力が追いついていないのではないか・・・

そして私ひとりで出来る事ではありませんが、色々な要素を削ぎ落として、結婚式がもっとシンプルに発信出来れば「結婚式の本当に良い部分」が見えてきたりしないかなぁー、と今回の件で感じ

近い将来結婚式が"幻のイベント"になってしまわぬ為には・・・、そう考えさせられました。

MAXIMANIS支配人