2019年09月26日

マキシマニスおすすめ演出《ファーストミートについて》

こんにちは!
MAXIMANIS支配人でプランナーも兼務する中津です。
リニューアルがほぼ完了し、毎日スタッフ皆で新しい木や草に悪戦苦闘の日々です。
そんなガーデンが気持ちの良いシーズン、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今日は先日結婚式を挙げられたおふたりを見て、私も大好きでやっぱりいいなと思った演出をご紹介します。
「ミート」ですが肉の話ではありません、あしからず・・・
 
 

ファーストミートとは

そもそもファーストミートとは、新郎新婦が別々のお部屋でお支度をし完成した花嫁姿を新郎が最初に見る・・・、というイベントです。
私自身もとてもお気に入りで、お客様に100%と言っていい程おすすめします。その方法はライトなものからしっかり系まで様々なので、まずは私のご提案をご紹介します。

当日の支度が別の部屋
ヘアメイクのリハーサルに新郎は行かない
最終決定の衣装を教えない
そもそも衣装選びについていかない
新郎には当日新婦に会う場所とタイミングを教えない
前日はお互い実家に泊まる
前日から電話をしない(声も聞かない)

いかがでしょうか?下に行くほどしっかり系のファーストミートになります。流石に前日連絡を取らないのは何か不都合が出ると行けないのであまり強くオススメしませんが、前日別の場所で寝て会わない時間を作るのは多くの新郎新婦がやってくれています。

皆さんはどこまでやってみたいですか?
ファーストミートは最近では人気の演出で色々な人が写真を上げています。演出としてのドキドキ感もありながら、二人っきりの写真って中々当日は撮れない・・・、というのが人気の理由でしょうか。
 
 

私なりのなぜやるか

先述した様に「写真かわいい!」「ドキドキするから!」という理由が大きいみたいですが、私がオススメする際には昨今の結婚事情に少し触れてみたりもします。

その昔は「結婚式をしてから」ふたりの新婚生活が始まる事が大多数でした。ただ最近では結婚式がふたりの「結婚」というイベントの締めくくりになりつつあります。
入籍したのは結婚式当日? それとも別の日?
リンク先にもあるように80%以上の方が入籍を済ませた状態で結婚式をしているのです、すると同居も同じタイミングで始める方が多いですよね。

もちろん相手への気持ちが日を追う毎に下がっていく訳ではありませんが、同居をしていると価値観の違いや環境の変化もあり些細な事で喧嘩になったり、お互い一緒にいる事が徐々に当たり前になってきたりと同居を始めた頃よりも色々な問題が出てくるのではないでしょうか?(自らの戒めも込めて・・・)
そんなふたりにこそ、いつもと違う環境で最高にキレイになった花嫁さんと新郎さんに対面して欲しいのです。
準備忙しかったし、結婚するまで色んな事があって喧嘩もしたけど今日はそれを全部ゲストがおめでとうに変えてくれるのです、そんな幸せを噛み締めて欲しいのです。

戸惑いながらも自然と新婦を抱きしめる姿や、お互いが笑いながら涙を流す所を見ると「色んな事があったんだろうなぁ」と想像しちゃいます。
そしてふたりの「結婚」にまつわるゴタゴタが全部この瞬間に溶け出すようで、私はこんな尊い仕事をさせてもらえる事を心から幸せに感じます。

 
 

もっと思い出に残す為に

そんな私のファーストミートは少しだけこだわりがあって、こんな事を演出にトッピングします。

新婦が肩をトントンする前に声をかける
新婦が歩き出しに合わせてうっすらと新郎チョイスの音楽を流す
窓ガラス越しに親御様にご覧頂く
新郎が新婦に手紙を読む

手紙ってどんなプレゼントにも勝るんじゃないでしょうか、短くてもいいので一緒に暮らしてみて感じた事や新婦さんの苦労を労ってあげて欲しいです。いつか喧嘩をしたり意見が合わなかった時が来ても、結婚式の時に言った「ありがとう」って何か思い出せそうな気がしませんか?

ファーストミートはふたりだけの静かなイベントです。
ゲストやお世話になった人が沢山来ておもてなしをする結婚式で、ほんの少しだけでも新婚夫婦がいつまでも思い出せる時間を作れる。

プランナーからの静かで粋なプレゼントです。

MAXIMANIS支配人