2020年07月26日

結婚式で新しいビュッフェスタイルを

本日はMAXIMANIS公式HPをご覧いただき誠にありがとうございます。
長い梅雨がまもなく終わろうとしていますね!マキシマニスの草花達はたっぷりの雨でとても元気ですが、これから暑い中での水撒きや剪定が待っていると思うと、スタッフ全員かなりの覚悟が必要そうです(笑)

先日行われた新しい「マルシェスタイル」でのデザートビュッフェの写真を交えながら、マキシマニスの強みである「かわいくて」「おいしい」ビュッフェの継続についてお知らせします!
 

ビュッフェの役割

マキシマニスではビュッフェスタイルを積極的に取り入れていました。全ての料理をビュッフェにするのではなく、定番のデザートビュッフェやお肉やご飯物をメインにした特殊なビュッフェに披露宴のスタート1品をビュッフェにするオープニングビュッフェなど。
かわいく盛り付けた料理を、お腹いっぱい食べてもらえるように日々趣向を凝らしてゲストの方にも好評を頂いていました。

ビュッフェはゲストの立ち歩くイベント。お料理の演出です。カジュアルで楽しい雰囲気を出したいのなら、ゲスト同士の距離が近くオススメのイベントです。
さらにカッチリとしたコースよりも、砕けた雰囲気の料理が出しやすいので。

ふたりの出身地にちなんだ料理
パフォーマンスのあるお料理
などなど、お料理にもオリジナリティを持たせてふたりらしさを出すポイントにもなります。

 

悩んだあげく・・・

感染症対策が進む中で、マキシマニスも一時期ビュッフェを中止していました。

ただ、ここまで一生懸命磨いてきたビュッフェの演出を手放すのももったいない、さらにお客様からのご要望もある。そんな状況で、自粛期間が空けた中シェフやプランナーと何箇所かビュッフェを再開したレストランへ足を運びました。

そんな中で目にしたのは、衛生対策はもちろんですがマスクをして、消毒をしながらでもビュッフェを楽しむお客様の姿でした。

ルールを守りながら、楽しんでいる人達を見ると少しづつ「やっても良いのではないか」と思えてくる様になったのです。
 

マキシマニスの衛生対策

まず、僕たちが考えたのがネーミングです。
いままでの様にまとまった場所にビュッフェを置くと行列が出来てしまい密集を産みます。なので、料理テーブルはガーデンや披露宴会場の様々な場所に散らして、まるで屋外のマルシェに参加しているかの様にワクワクした気持ちで楽しんでもらえるはずです。
これが「スイーツマルシェ」の由来です。

さらに、大皿にたくさん盛るのでは無くひとつひとつ小さいお皿に盛り付けて提供する事で「トングが不要」で「料理前での滞在時間が短い」というメリットも生まれます。

 

大事な事

とにかく安全で、しっかりと対策がされている事、ゲストに不安を与えない事。
これがまず一番。

それにおふたりが納得が出来るなら、ぜひマキシマニスの新しくて、かわいい「スイーツマルシェ」をご実施ください!カジュアルで楽しいお料理と空間をバッチリプロデュースします!