2019年09月10日

結婚式のアイデアの出どころ

MAXIMANIS公式HPをご覧頂き誠にありがとうございます。
支配人の中津です。

第3回目のステーキディナーや大安吉日の結婚式など、バタバタと週末も過ぎていきました。思い返すと1年もあっという間で、ハロウィンイベントや年末のクリスマス関連のイベント準備が迫ってきています。
ステーキディナー
なんだか年末が見えてきました。


今日は結婚式のアイデアの出どころについて
 
 

あれ…コレでいいのか?

結婚式の仕事に限らず、同じ仕事に長期間従事していると「これはこのままで良いのか?」とモヤモヤする事ってあるんじゃないでしょうか。皆さんはそんなモヤモヤをどうやって解消していますか。


私はお客様に会場を案内していたり、プランニングをしている時に雑談や冗談っぽく言った事が膨らんだりします。


去年くらいの話ですが

いきなりステーキが最近近くに出来ましたね!

初めて行きました!

700g食べました!

食べ過ぎですか!?
でも僕はそれくらいじゃないとお腹いっぱいにならない!

ふたりは200gでお腹いっぱいなんですね!

でも確かに誰と行っても自分の好きなサイズが食べられていいですね!

あっ!

ふたりの結婚式は年配ゲストが多いのでこういうのはどうですか!?


私のネーミングに難はありますが、出来たのがコレ。
ご覧頂いている通り、メイン料理のステーキサイズが選べる演出です!今までだと最大240gまでチョイスしてもらった事もあります。


ゲストのリアクションも良好で、240gを頼んだゲストに注目が集まりテーブル毎に賑やかにお肉を楽しんでもらう事が出来ました。

そして何だか私のブログは肉の話ばかりしている様な気がしてきました。
 
 

1回作ってみよう

もう1つ。
ご家族のみで結婚式をしたいというお客様と出会いました。

こんな時MAXIMANISで結婚式をする際にネックになるのが「広さ」です。最大で94名を収容するMAXIMANISのバンケットは15名様付近での結婚式では広く感じて「もったいない」「ガランとしている」そうおっしゃるお客様はとても多いです。

私もお客様もやりたい事があって話が盛り上がって、結婚式が楽しみになって。でも「広いんでやめます」というのはとても寂しい!

そこでお客様へこんな風に会場を見せてみました。
エントランスで食事会
新しいエントランスに5名が座れるテーブルを並べてセッティング、喜んで頂けた(と思います)。実は新しいエントランスにテーブルを並べるのは初めてでした。

以前のエントランスでは何回もやっていたのに。
 
 

リニューアルのその後

クリエイターさん達から
「今の結婚式ってどうなの?」
「どんなお客さんが多いの?」
「お客さんどこをよく通るの?」
「どこをよく見るの?」
と質問を頂き、それに答えてきた結果。

新しい床、綺麗な壁、繊細なアンティークや絵画、そしてクリエイターさんセンス良く配置をしてくれた新しいエントランスが出来ました。

でもなんだか私はそんな新しいエントランスに気後れしていたのかもしれません。
このお客様にクリエイターさん達が施主の為では無く、お客さんの為にリニューアルをしてくれていた事を改めて思い出させてもらいました。
エントランスで食事会
 
 

新しいアイデアも何かを始めるきっかけも

結局全部お客様が答えを持っていると思います。
だから私は「結婚式はプランナーが主体で作る!」に違和感があります。

なんでかと言うと私達は新郎新婦が呼ぶ予定のゲストの顔も見たこと無ければ、年齢や性別、好みもわかりません。だから私達が「結婚式を作っている」というのはちょっとおこがましく感じてしまうのです。

いつでも新郎新婦の「これがしたい!」の先にはゲストがいると思って接客をする様に心がけて、沢山のアイデアやモチベーションをもらえる様にしよう。

そうするとモヤモヤも無くなるはずだから。

MAXIMANIS支配人